最先端設備と独創的な技術の結合が自信を作り出します。

事業内容

最先端設備と独創的な技術の結合が自信を作り出します。

株式会社ケーエスディーは、自動車や建設機械、光学精密部品などに使われる、アルミダイキャスト製品の製造・販売を行っています。
「HADプロセス」という他社には真似できない独自の工法をはじめとしたオンリーワンの技術力で、お客様とともに製品開発を進めていきます。

HADプロセス

常識に打破したダイキャスト鋳造法”HADプロセス”

ダイキャスト鋳造は容湯金属を精密な金型の中に高速高圧で充填し、高精度な鋳物を短時間で大量に製造する工法です。 しかし、鋳込まれた容湯金属が凝固し製品になりますが、その製品を金型から取り出すために通常は抜き勾配が必要です。当社では、金型に充填された容湯金属を型内で凝固させてから取り出すまでの温度域での物性に着目。 ダイキャスト鋳造の技術的常識を打破すべく、抜き勾配ゼロの独自のダイキャスト鋳造法の開発に挑戦しました。そして、後加工なしで一般のダイキャスト製造よりも高精度な製品を量産する製法を確立。 このダイキャスト鋳造法をHAD(High Ability in precision Diecasting)プロセスを命名しました。

  • 技術部 金型設計

    技術部 金型設計

  • ダイキャストマシン

    ダイキャストマシン

  • 工数の短縮・加工コストの削減・素材重量の軽減の実現

    ダイキャスト鋳造は、一般的には抜き勾配を必要とし後加工を伴います。また、高速充填であるため、ガス・エアーの巻込み巣などが発生し、耐圧性を損ねてしまう可能性があります。 当社のHADプロセスは、抜き勾配を必要とせず後加工を省略、あるいは後加工が伴う場合でも、工数を最小限に抑えられます。製品設計の自由度が高いもの特徴。 さらに、容湯金属を金型に充填後、局部加圧を行うことにより内部巣を除去した耐圧製品の生産も可能です。

  • 連続T5熱処理炉

    連続T5熱処理炉

精密切削加工

ミクロン単位の仕上げを行う高精度な製造ライン

ダイキャスト素材から完成品まで一貫した高精密な加工設備を導入しています。ほぼ無人化による自動加工ラインを配置し、フルタイムで生産。 製品群は全てミクロン単位の仕上げが要求され、高精密加工による高品質製品を生み出しています。

  • OCV加工ライン

    OCV加工ライン

  • W/P加工ライン

    W/P加工ライン

  • スリーブ製造に特化したALL自動専用ライン

    高精密部品の1つとしてエンジン制御の重要な役目を受け持つオイルコントロールバルブ(名称:スリーブ)は小径な製品であり、ミクロン単位の公差での加工精度が要求されます。 素材投入から外径、内径、溝、バリ除去など荒・仕上げの多数の工程を小型NC旋盤と搬送ローダーを組合わせ、製品寸法もコンピュータ制御による自動測定を行う、高効率生産が可能なALL自動専用ラインを備えています。

  • ALL自動専門ライン
検査
  • 高精度測定器による製品の精密測定

    成形直後の粗材製品、および出荷前の完成品を三次元測定機や真円度測定機、デジタル工具顕微鏡などの精密測定機で定期的に測定しています。 その他にも、引張試験機による強度検査、X線透視検査機による内部欠陥検査、硬度測定など、あらゆる材料特性に対し品質保証のできる体制が整っています。

  • 三次元測定機

    三次元測定機

  • 最新の検査技術を取り入れた品質保証体制

    最新の検査技術も積極的に取り入れ、非接触スキャン検査機による製品の全形状保証、検査速度の高速化やサーモグラフィーによる鋳造条件保証などにも取り組んでいます。 お客様の品質の高精度化への要望に対した管理と保証が実現するために、状況に合わせ新たな検査・測定方法の導入を行っています。

  • 非接触スキャン検査機

    非接触スキャン検査機

PAGE TOP